口腔・顎顔面領域の
質の高い画像診断、
放射線による低侵襲な
口腔がん治療を提供します。

NEWS & TOPICS ニュース一覧へ

2024/2/25

大学院3年のYomtako君の論文(責任著者:渡邊准教授) "Differentiation of radicular cysts and radicular granulomas via texture analysis of multi-slice computed tomography imagesが、Dentomaxillofacial Radiologyにアクセプトされました。おめでとうございます!

2024/2/18

東京で開催された第24回菅原・大西記念癌治療増感シンポジウムにおいて、戒田講師が「細胞周期相がEGFR標的近赤外線免疫療法に及ぼす影響の解析」というタイトルで口頭発表しました。また、東京理科大学、麻布大学、食品会社と共同開発したSQAPが、世界初となる犬用放射線増感剤として農林水産省から承認される過程で大きく貢献されたMT3社の宮崎社長、福原取締役に、その経緯と今後の展望に関する講演を三浦教授が企画し、ランチョンセミナーとして開催されました。

2024/1/26

札幌で開催された第42回日本口腔腫瘍学会学術大会・ワークショップ「高齢口腔がん診療臨床的指針」において、三浦教授が「高齢口腔癌患者に対する放射線治療」というタイトルで、放射線治療WGがまとめた内容を発表しました。

2023/12/2

野島特任助教が、第88回口腔病学会学術大会で「新規小線源治療Diffusing Alpha-Emitter Radiation Therapy (DaRT)によるin vitroにおけるDNA損傷応答」というタイトルで口頭発表しました。

2023/11/18

中村助教が、日本核医学会で開催された口腔顎顔面核医学フォーラムにおいて座長を務め、「歯科放射線学におけるPET/CT」というタイトルで口頭発表をしました。

2023/11/11

野島特任助教が、第68回日本口腔外科学会総会・学術大会で「Au-198 grainを用いたモールド療法の早期口腔がんへの有効性」というタイトルで口頭発表しました。

2023/11/8

今泉助教の原著論文 "Neon ion charged particle beams manipulate rapid tumor reoxygenation in syngeneic mouse models (量子科学技術研究開発機構の平山先生らとの共同研究) が、Cancer Scienceにアクセプトされました。おめでとうございます。

2023/11/5

渡邊准教授が、Oral RadiologyのBest Reviewer賞を受賞しました。おめでとうございます。

2023/11/4

日本歯科放射線学会第4回秋季学術大会において、隠岐さん(大学院2年)、Yomtakoさん(大学院3年)、遠山医員、能村医員が、口頭発表しました。

2023/11/3

当分野OGのDr Nisha Manilaが、California Northstate University, College of Dental MedicineのAssociate Professor, Director of Radiologyに就任されました。おめでとうございます。