ニュース News

2024年

2024/6/18

渡邊准教授が共著者となっているinvited review(香港大学、ニューヨーク大学、フロリダ大学、バーゼル大学グループとの共同執筆)" Non-ionizing diagnostic imaging modalities for visualizing health and pathology of periodontal and peri-implant tissues ”がPeriodontology 2000にアクセプトされました。おめでとうございます!

2024/6/13

台湾で開催された14th Asian Congress of Oral and Maxillofacial Radiologyにて、渡邊准教授が" Imaging of the mandibular canal "というタイトルで招待講演を、隠岐さん(大学院3年)が" Relationship between Nodal Metastasis and MRI Radiomic Features in Patients with Tongue Squamous Cell Carcinoma "というタイトルでポスター発表を行いました。

2024/5/26

戒田講師の原著論文 "Estimating impacts of p16 status on tumor radiosensitivity in head and neck cancer using predictive models” が、Radiation Researchにアクセプトされました。

2024/5/25

日本歯科放射線学会第64回学術大会で、中村学部内講師「Fluid-fluid levelのMRI所見を示した顎骨病変の7症例」、栗林助教「歯原性粘液腫のMRI所見について」、久米医員「三叉神経痛の原因となった頭蓋内類表皮嚢胞の1例」がポスター発表を行いました。

2024/5/17

戒田講師が、第61回日本放射線腫瘍学会生物部会学術大会で「放射線感受性予測モデルを用いた頭頸部扁平上皮癌におけるp16ステータスの放射線感受性への影響解析」というタイトルで口頭発表しました。

2024/5/14

野島特任助教の原著論文”DNA damage response in a 2D-culture model by diffusing alpha-emitters radiation therapy (Alpha-DaRT)”(責任著者:三浦雅彦、イスラエルBen-Gurion University of the Negev、Alpha-Tau Medical社、北大、本学先端材料評価学分野、腫瘍放射線治療学分野との国際共同研究)が、Scientific Reportsにアクセプトされました。おめでとうございます!

2024/4/10

東京医科歯科大学・東京工業大学マッチングファンド「研究成果発表・交流会」が開催され、三浦教授が口頭発表、渡邊准教授がポスター発表を行いました。

2024/3/31

渡邊准教授が、The 40th Science and Technology Conference for the University of Medicine and Pharmacy at Ho Chi Minh City and the 46th Scientific Conference on Dental Researchに参加し、招待講演を行いました。

2024/3/16

三浦教授が、第14回JASTRO放射線生物学セミナーで「放射線生物学における5Rと放射線治療」というタイトルで講演を行いました。

2024/3/3

ステーションコンファレンス東京にて、次世代がん医療を担う多職種人材養成プラン、いわゆる第4期がんプロの一環として、「がん医療を皆う若き歯科医師の人材育成について語ろう!」というイベントが開催され、三浦教授がコーディネータの一人として参加し、80名ほどの参加者があり、さまざまな議論が交わされました。

2024/2/29

日本学術振興会科学研究費補助金の採択通知があり、当分野から、基盤研究(C)2件、若手研究1件が、採択されました。

2024/2/29

南東北がん陽子線治療センター医長の髙山香名子先生に、これまでの口腔がんに対する超選択動注法を併用した陽子線治療、ならびに今度担当されることになったBNCTに関するセミナーをして頂きました。陽子線での素晴らしい治療成績に感銘を受けました。陽子線とBNCT両方できるという極めて貴重な唯一無二の存在であり、益々のご発展を祈念しております。

2024/2/25

大学院3年のYomtako君の論文(責任著者:渡邊准教授) "Differentiation of radicular cysts and radicular granulomas via texture analysis of multi-slice computed tomography imagesが、Dentomaxillofacial Radiologyにアクセプトされました。おめでとうございます!

2024/2/18

東京で開催された第24回菅原・大西記念癌治療増感シンポジウムにおいて、戒田講師が「細胞周期相がEGFR標的近赤外線免疫療法に及ぼす影響の解析」というタイトルで口頭発表しました。また、東京理科大学、麻布大学、食品会社と共同開発したSQAPが、世界初となる犬用放射線増感剤として農林水産省から承認される過程で大きく貢献されたMT3社の宮崎社長、福原取締役に、その経緯と今後の展望に関してご講演頂くことを三浦教授が企画し、、ランチョンセミナーとして開催されました。

2024/2/15

東北大学病院(歯科診療部門)周術期口腔管理部副部長の新垣理宣先生に、東北大学の歯科診療部門での主に口腔支持療法に関するセミナーをして頂きました。がんセンターと大学での活動内容の違いなど、大変貴重なお話を伺うことができました。益々のご活躍を期待しております。

2024/1/26

札幌で開催された第42回日本口腔腫瘍学会学術大会・ワークショップ「高齢口腔がん診療臨床的指針」において、三浦教授が「高齢口腔癌患者に対する放射線治療」というタイトルで、放射線治療WGがまとめた内容を発表しました。